令和3年度スローガン
「温故知新」
~感謝の気持ちと笑顔~

基本方針
 今年度、横須賀商工会議所青年部は創立40周年を迎えます。
 今日まで、長きに亘り青年部の歴史を刻んでこられた関係者各位、並びに部員の皆様方には心から感謝申し上げます。
 昨年度、誰も経験したことのないコロナウィルスの影響から、コロナでの被害を受けた会社様も少なくはないと思います。自社を守るために青年部どころではない方もいらっしゃったのではないでしょうか。それを踏まえ、今年度は今までの流れを変化させながら進む年になると思います。
 志の高い仲間が集まった横須賀商工会議所青年部として、それらに柔軟に対応しながら温故知新の精神で
「いま」を今一度、初心に帰りながら大切に「笑顔で」歩みたいと思います。
 新しい若い仲間たちも増えながら、我々にとって一つの節目となり、今後の横須賀商工会議所青年部の輝かしい未来のためにバトンを繋いでいける発展の年になると信じています。

「心」
 コロナ禍での経済状況において、青年部内でも、それぞれのご家族様や会社様の考え方も状況も違うと思います。先ずはそれらの考えを第一優先にし、先が見えぬ今を進むためにも、おかれた状況を互いに理解し合う心を持ち、自分自身がやれることを見出して判断し行動します。

「両立と共有」
 コロナ感染対策から、ウェブ会議が主となりつつある昨今、利便性が上がったぶん実際に顔を合わせる機会が減りました。そこにはどうしても温度差が生じてしまい、物事が伝わり難くなり不安に感じることもあると思います。その時々の社会状況にもよりますが、引き続き感染対策を徹底し、それらのツールを使い分けながら、より良く進化した笑顔ある青年部を共有していきます。

「進む」
 青年部は異業種交流会の場であり、会社以外の様々な方の考え方を体感できる場所であると思います。
経済人として集まった仲間であるが故、共に学び、情報を入れ、更には地域に貢献し、各々の会社に持ち帰る為にも、立ち振る舞いや言動、仲間への気遣いを今一度確認し、青年部で出逢えたことに感謝して進みます。

コロナにどこまで影響されるか分かりませんが、柔軟に対応しながらの一年間を宜しくお願いいたします。
皆様と笑顔でお逢いできる日を、心より祈っております。

横須賀商工会議所青年部
令和3年度 会長 塚本 親平